配送ドライバー徹底調査 「クイックエース」の評判ってどうなの? » 「クイックエース」とは? » クイックエースは上場企業?上場するしないの違いは?

クイックエースは上場企業?上場するしないの違いは?

軽自動車でのEC通販商品の配達業務を行うクイックエースの運営元企業である、(株)丸和運輸機関は、東証一部上場企業です。一部上場企業と聞くと、何となく“大きな企業”というイメージはありますが、入社するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

(株)丸和運輸機関とは

(株)丸和運輸機関は1973年に埼玉県密着の運送会社として誕生しました。同社が提供する輸配送サービスである「桃太郎便」は企業間のみならず、引越や通信販売、ネットスーパーの宅配など現代人の生活に密着したサービスを提供しています。また、2015年には東証一部上場を果たしています。

上場企業と非上場企業の違い

上場企業とは

上場企業とは、自社の株式を証券取引所で誰でも売買できるように公開している企業を指します。上場企業は、投資家を保護する目的で適時開示という義務が課され四半期ごとに決算を必ず公開するといったように、非上場企業に比べると厳しいルールを課せられます。常に投資家から経営を見られているため、社会的な信用度は高くなります。そのため世間からは「大企業」ですとか、「安定した企業」と認知されます。

非上場企業とは

非上場企業には、経営の開示のような厳格なルールは課されておらず、決算報告をいつ、どのような形で行うかは、各社の判断に委ねられます。

上場企業のメリット・デメリット

上場企業に勤めるメリットは、何といっても「社会的な信用度の高さ」です。例えば、住宅ローンを組む際の審査やクレジットカードの与信なども大きく関係してきます。また、上場企業は福利厚生や住宅手当、家族手当が充実しているところが多くボーナスの支給額も高めと言われています。仮に転職するとしても、上場企業に勤めていた経歴は有利に働くことが多くなります。デメリットとしては、優秀な人材が多いためライバルが多く、出世するのが難しいところ。また、上場企業であるがゆえに転職希望者が殺到し、入社しにくいというのもデメリットと言えるでしょう。

東証一部上場企業とは

東京証券取引所は、東証一部・東証二部・マザーズ・JASDAQ(ジャスダック)の4種類の株式市場を運営しています。ニューヨークやロンドンと並ぶ世界三大証券市場の一つでもあり、世界の経済活動を支えているともいえる証券取引所。中でも東証一部に上場できる企業は、日本の企業全体の0.1%以下。情報のハードルは非常に高く、厳しい審査基準を突破した企業のみとされています。

東証一部上場企業に勤務するメリット

誰もが知っている大企業が名を連ねる東証一部上場企業。給料もいいので、優秀な人材が集まりやすい環境です。優秀な人材と仕事をできることで、常に刺激を受けることができ自身の成長に繋がります。

デメリット

社員数が何千名といるため、その中で出世をし、役職をするというのは厳しい競争を勝ち抜かなければなりません。少人数の企業と比較すると出世がし辛い環境にあることは事実です。「有名な企業だから」といってイメージや知名度だけで入社を決めると、長く続かない危険もあります。

男性イメージアイコン

クイックエースの評判、調べてみました!

かなり慎重派の自分ですが、ちょっと配送ドライバーやってみたいなと画策中。ドライバーやってる友達はしっかり稼げてるみたいだし、思ってたより働きやすいのか!?
本当に稼げる?働きやすい?ちょっと疑いながらも、しっかりリサーチしてみましたよ!

クイックエースの評判を調査!
詳しく見たい方はこちら!

慎重派な自分がクイック
エースの評判を調べてみた

男性イメージアイコン

クイックエースで、業務委託の配送ドライバーをやってみたい方は必見!とにかく徹底的に調べる自分が、クイックエースの評判をリサーチ。安心の支援体制や条件面、口コミなどを気になる情報をまとめました!

クイックエースの詳細をチェック!