委託の配送ドライバーに必要な車は借りられる?

委託の配送ドライバーとして仕事をする場合、「車を借りられるのか」というのは気になる点。自家用車を持っていれば、自家用車で配送を行うこともできますが、持っていない場合は困りますよね(自分も実はいま車を持っていないのです…!)。車のリース契約などについてまとめてみました!

配送ドライバーが車を準備する手段

委託の配送ドライバーとして働く場合、車を準備する手段として2種類の方法を挙げることができます。

1つは自家用車を持ち込んで仕事をすることです。そして、もう1つはリースによって車を準備する方法があります。リースとは、簡単に言うとお金を払って車を借りることであり、その車を配送用の作業車として利用することができます。したがって、委託の配送ドライバーが車を借りて仕事をすることは、可能となっています!

リース契約の注意点など

車を借りるわけなので、当然レンタル代のような形で、毎月リース料金を支払うことになります。このリース料金もランニングコストとして毎月かかる経費の一部となりますので、リース料金が高額の場合は、手元に残るお金にも影響があります。

また、5年や10年といった長期間にわたってリース契約を続ける場合、計算した際には「買った方が安かったのでは…?」となることもあるかもしれません。最初からずっと仕事を続けるつもりであれば、一度計算してみるといいと思います!

また、リース契約は原則として中途解約をすることができませんので、契約期間なども意識して確認をしましょう。

当然ですが、車を買うよりはリースの方が初期費用を抑えられますので、自分にあった車の準備方法を考えることが大切!車を手元に残したいのであれば、ローンを組んで車を準備するという選択肢もありだと思いますよ。

事業用ナンバーの取得は必須

リースでも自家用車でも配送用の車として自動車を利用する場合は、事業用ナンバーを取得する必要があります。

軽自動車の場合はナンバープレートが黒字に黄色の文字となり、普通車や大型車の場合は緑地に白の文字となります。たまに見かけることありますよね!

各地域の運輸支局で運送業許可の申請を行い、その後法令試験を受けて許可証の交付、といった手順で事業用ナンバーを取得することができます。事業用ナンバーをつけていないと配送業務を行うことができないので、注意してください!

クイックエースではリース制度あり

クイックエースの場合は、会社の規定として車両のリース制度が用意されています。そのため、自家用車を持っていない人でも月々のリース料を支払えば配送ドライバーとして仕事を始めることができますよ。リースの料金には自動車税なども含まれており、個別の税金対応は必要ありません。

保険などについても会社側で指定しているため、諸々の手続き自分でやるのが面倒な方は、リースという選択肢にはメリットがありますよ!

男性イメージアイコン

クイックエースの評判、調べてみました!

かなり慎重派の自分ですが、ちょっと配送ドライバーやってみたいなと画策中。ドライバーやってる友達はしっかり稼げてるみたいだし、思ってたより働きやすいのか!?
本当に稼げる?働きやすい?ちょっと疑いながらも、しっかりリサーチしてみましたよ!

クイックエースの評判を調査!
詳しく見たい方はこちら!

慎重派な自分がクイック
エースの評判を調べてみた

男性イメージアイコン

クイックエースで、業務委託の配送ドライバーをやってみたい方は必見!とにかく徹底的に調べる自分が、クイックエースの評判をリサーチ。安心の支援体制や条件面、口コミなどを気になる情報をまとめました!

クイックエースの詳細をチェック!