業務委託で稼いだ場合の税金はどうなる?

毎年の確定申告などの手続き、自分でやられている方はいますでしょうか?会社勤め(雇用契約)の場合は、会社でまとめてやってもらっている方がほとんどなのではないでしょうか。

業務委託の場合は、基本的には代わりにやってくれる人はいないため、自分で税金などの手続き対応が必要になってきます。実際にどういった手続きが必要なのかまとめてみました!

業務委託の税金対応

業務委託でドライバーを行う場合、会社員ではなく個人事業主という形で報酬を得ることになります。

個人事業主の場合、業務委託契約を通して得た報酬に関しては、自ら確定申告を行い税金を支払う必要があります。

確定申告が必要になるのは?

業務委託契約のみで生計をたてている方は、年間38万円以上の所得がある場合、確定申告の必要があります。38万円以下の場合は所得税の基礎控除の金額以下となり、課税対象からは外れる形になります。ちなみに所得とは「報酬-経費」と覚えておけば大丈夫です。

ドライバーの経費としては、ガソリン代を主としながら、車のメンテナンス代や事務用品にかかるお金も入ってきます。多岐にわたるため、ちゃんと所得を計算できるように、領収書などはしっかり保管しておきましょう。

税務対応してくれる配送会社も

委託ドライバーとして働く場合、基本的には自分自身で所得税を含めた税金を支払う必要がある、と言いましたが、税務対応してくれる配送会社も実は多いんです。

業務委託契約を結ぶ前に確認しておく必要がありますが、税務対応してくれる会社であれば、必要書類を提出するだけで後は会社側で必要な手続きを行ってくれるため、安心です。

個人で確定申告をするとなると、日々の収入や経費など、入力しなければならないことが多く、大変だと感じる部分も少なくありません。税務対応してくれる配送会社であれば、仕事のことだけに集中することができますよね!

クイックエースでは「税務申告対応」あり

配送会社の中には税務対応をしてくれる会社があることをご紹介しましたが、クイックエースでは福利厚生として「税務申告対応」してくれるサービスがあります。会社側の制度を利用することで、自ら確定申告を行わなくても納税処理をすることができます。こういったサポート体制が充実しているのもありがたいですよね。

男性イメージアイコン

クイックエースの評判、調べてみました!

かなり慎重派の自分ですが、ちょっと配送ドライバーやってみたいなと画策中。ドライバーやってる友達はしっかり稼げてるみたいだし、思ってたより働きやすいのか!?
本当に稼げる?働きやすい?ちょっと疑いながらも、しっかりリサーチしてみましたよ!

クイックエースの評判を調査!
詳しく見たい方はこちら!

慎重派な自分がクイック
エースの評判を調べてみた

男性イメージアイコン

クイックエースで、業務委託の配送ドライバーをやってみたい方は必見!とにかく徹底的に調べる自分が、クイックエースの評判をリサーチ。安心の支援体制や条件面、口コミなどを気になる情報をまとめました!

クイックエースの詳細をチェック!